神戸観光情報

好奇心わくわく体験スポット

好奇心を満足させてくれる、わくわくスポット

こんな体験もあんな体験もできる♪楽しみながら新しい知識が増えていく、おもしろ施設はJR・山陽電鉄の北側に集中しています。さぁ興味のアンテナを張りめぐらせて、Let’s go!

好奇心わくわく体験スポット


時の道
時の道

明石城と天文科学館を結ぶ、約2キロの歴史プロムナード。万葉集に詠まれ「源氏物語」の舞台となった歴史のふるさと明石。明石城から東へ歩くと、明石神社、さらに先には白亜の上ノ丸教会へ。坂道を下ったところにあるのが、人丸山から枯れることなく湧き出る霊泉・亀の水。播磨三名水のひとつで、かつて「長寿の水」といわれていました。


文化博物館
文化博物館

明石の人々のくらしと自然環境を中心に、明石の歴史や産業を8つのテーマに分けて常設展示。アカシゾウの復元模型や明石原人の資料、明石焼きと呼ばれる貴重な焼き物など、一見の価値のあるものがずらり。火起こしや十二単衣の試着を体験することも出来ます。

« 明石文化博物館ホームページへ


天文科学館
天文科学館

明石のまちが一望できる高台にある、人丸山公園。そのすぐそばには、子午線が通る町の象徴的施設、天文科学館があります。塔頂には日本標準時の時を刻む大ネオン時計館内には日本最古となった旧ドイツ製プラネタリウム、40センチ反射望遠鏡があり、天文や宇宙に関する展示物を見ることも出来ます。

« 明石市立天文科学館ホームページへ


海ガメの産卵
海ガメの産卵

林崎以西の西部海岸では、人工海浜としては全国的にも珍しく、ほぼ隔年ごとにウミガメが上陸、産卵しています。こうしたウミガメを保護するために海浜保全の条例を施行したほか、自然に配慮してつくられた海岸線は、あらゆる生き物にやさしい環境をう生み出しました。日本ウミガメ協議会などの専門機関とのシンポジウムも開催されています。


子午線標柱
子午線標柱

柿本神社山門の前にある、てっぺんにトンボがとまった標柱は、この場所が東経135°標準時子午線が通ることを示しています。南よりの子午線交番前にも石づくりの子午線標柱があります。


とき打ち太鼓櫓
とき打ち太鼓櫓

かつて明石城の太鼓門があった明石公園の正面入り口に、市制70周年を記念してつくられたのがとき打ち太鼓櫓。侍姿のロボットが太鼓を打ち鳴らし時間を知らせてくれます。明石公園入口。



【アクセス】
  • ■時の道:JR山陽電鉄「明石駅」下車徒歩約10分。山陽電鉄「人丸前駅」下車徒歩約5分。
  • ■明石市立文化博物館:JR山陽電鉄「明石駅」下車徒歩約5分。 明石市立文化博物館 TEL:(078) 918-5400
  • ■天文科学館:JR山陽電鉄「明石駅」下車徒歩約15分。山陽電鉄「人丸前駅」下車徒歩約3分。
  • ■西部海岸:山陽電鉄「林崎松江駅」下車 南へ徒歩約10分。
  • ■子午線標柱:山陽電鉄「人丸前駅」下車徒歩約5分。
  • ■とき打ち太鼓櫓:JR・山陽電鉄「明石駅」下車 北側すぐ。

▲ページTOPへ

個人情報保護方針サイトマップ