Author Archives: kobe

神戸プリン♪

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 神戸のお土産といえば、これ! といわれるくらい有名なのが 「神戸プリン」 ですが 神戸プリン25周年を記念して 限定商品が出たようです。 神戸プリンでは、時々 限定の味が出たりしてて 当館でも置いたりします。 それにしても神戸プリン25周年は 長い歴史だなー。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ビアホールはグリーンヒルホテル神戸で

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 ただいま開催しております グリーンヒルホテル神戸名物のビアホールは 暑い日はもちろん、 雨の日でも、室内でゆったりご利用頂けます♪ ご予約で割引もあります。 女性の方には、各種サワーなどもご好評いただいてます。 お子様のお得な料金もありますので ご家族、カップル、社内や友人と 思い出作りに、遊びに来てください☆ ご予約は 078-222-0909にて承ります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

神戸駅で天使の羽

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 全国各地でインスタ映えスポットがありますが 実は神戸にも、あの天使の羽があります。 場所は、神戸駅のDUO神戸内 ハーバーランドへ行く途中にあります。 次は、クレープやジェラートを食べながら 撮ってみようかな♪ 神戸にお越しの際は、ぜひ寄ってみては?

Posted in 未分類 | Leave a comment

しとしとぴっちゃん

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 雨風に負けず、咲いている花がありました。 そういうものに、わたしもなりたい。 と思います。 紫陽花

Posted in 未分類 | Leave a comment

姫路 書写山 圓教寺

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 姫路からバスに乗り 書写山圓教寺へと赴く。 バス停より歩くこと数分 辺りは、ジブリに出てきそうな一面の森。 その道を抜けると そこには タイムスリップしたかのような景色が 眼前に煌めく。 自然と人工物の織り成す芸術は 時代を越えて 我々に訴えかける。 「共に生きよう」 映画ラストサムライの舞台にもなった地。 そこには 時代と空間を超越した魂が 確かに宿っている。 そんな気がした。

Posted in 未分類 | Leave a comment

飲んで食べて―

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 最近は大人数での宴会が少なくなってきていると聞きますが ホテルで宴会をすれば、カラオケをしたり クイズやゲームをしたり、 はたまた感動的なセレモニーをしたり… と、いろいろなシーンで盛り上がると思います。 実際、居酒屋などとは雰囲気が違うし 気兼ねなく騒げると思うんです。   ホテルで働いて、改めてその違いを感じます。 さらにグリーンヒルホテル神戸は 料理でもご好評頂いております。 さまざまなシーンに ホテルの宴会場を利用してみませんか?  

Posted in 未分類 | Leave a comment

ビアホールのお知らせ

グリーンヒルホテル神戸で 今年もビアホールやるんだって! もちろん、ビールだけじゃございません。 飲み物、食べ物  各種揃えております。 美味しい食事と、楽しいひととき 一緒に思い出作りましょう♪

Posted in 未分類 | Leave a comment

神戸づくりと料理

グリーンヒルホテル神戸の田中です。 年々、人気を増している 神戸づくり! 日本酒に用いられる山田錦を使用した すっきりした飲み心地のビール             こちらは、調理前のお野菜! 素材の味と、調味料や温度管理の織り成す 科学&総合芸術が 料理という一つのジャンルを生み出している。   様々な料理とお酒の文化を 楽しめる国で良かったと思えます♪

Posted in 未分類 | Leave a comment

迷子さん発見っ!!

神戸・三宮を 歩いていると 迷子の子猫ちゃんがいました。 とっても悲しそうに泣いていて 思わずこちらまで泣きそうになりそうです(T_T) 犬のおまわりさんも困った顔で ボクも困ってしまいそう。 そんな気持ちになれる三宮の アーティスティックな文化が好き♪ 他にも神戸・三宮には 素敵なオブジェがたくさんあります! 変わったものも多いけど(笑) ぜひ散策しながら探してみてください♪

Posted in 未分類 | Leave a comment

handyと旅

グリーンヒルホテル神戸の田中です。   客室に導入しているhandy こちらは、電話もインターネットも無料で使えるという代物。   外出の際にも、持ち出してください。 handyと旅すれば きっと素敵な思い出を作れます。  

Posted in 未分類 | Leave a comment